むし歯になりやすい方へ

 

こんにちは。DA橋口です!

早いものでもう新しい年を迎えてひと月が経とうとしていますね。

インフルエンザがひどく流行していますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

今年は熱の出ない類のものが流行ってるみたいなのでご留意と、手洗いうがいはしっかりと!心がけてくださいね。

 

 

さて。

虫歯になりやすい方、と聞いて心当たりのある方はいらっしゃいますか。

もちろん、虫歯の原因としてお口の中の清掃状態、ブラッシングが行き届いてるかはとても重要な命題です。

ですが、

「ハミガキが上手なのに虫歯になる人」

「ハミガキをあまりしないのに虫歯になりにくい人」

がいますね。

 

虫歯になりやすい要因としてたとえば、

間食が多い、矯正治療中で矯正器具がついていてハミガキをしても汚れが残りやすい、

と、自発的な要因もあれば

子どもの歯から大人の歯に生え変わる時期や、唾液が元々少ない方、噛み合わせの具合で汚れが残りやすい、詰め物と純粋な歯との間に汚れが残り、そこから虫歯が進んだり……など

生活習慣の改善など、自身ではどうしようもしづらい要因も中にはあります。

 

今回の記事では前述にございました”虫歯になりやすい方”にオススメしているハミガキ粉を紹介します!

 

 

左がチェックアップスタンダード

右2つはチェックアップジェルです。

フッ素には歯を再石灰化させ硬く、つよくする力、歯を守る力がありますが

ハミガキ粉に含めることができるフッ素の度数は国によって定められています。

チェックアップは当院で販売しているフッ素濃度の一番高いハミガキ粉で、際限度数のフッ素が含まれています!

(ちなみに、ドラッグストアなどで売ってるハミガキ粉だと クリニカ が同じ一番高い度数のフッ素が含まれてるようです。☆)

こちら、スタンダードは普通にハミガキ粉として使っていただき、15mlほどのごくわずかな水量でうがいしていただくだけ、で歯をつよくさせることが期待できます。

その後にコーティングする形でジェルを使っていただくとより効果的なフッ素の浸透を狙えます。(ジェルは塗布した後うがいをせず就寝していただけるので、歯科でのフッ素塗布のような形で日常的に虫歯予防として使っていただけます!)

私もお家ではスタンダードを使っています。(^ ^)

 

 

年齢に合わせた、ハミガキ粉の適切な使用量もご参考にどうぞ。

また、チェックアップスタンダードに含まれるフッ素濃度はお子様には高すぎるため、6歳未満の方にはチェックアップ(こども)をご案内しています。

乳歯から生え変わったばかりの永久歯はまだ完全に再石灰化されていなく、柔らかいため、とてもむし歯のリスクが高いです。そのため、普段の仕上げ磨きなどがとても重要になる時期です。

子ども用のチェックアップは味もいちご、りんご、ぶどうと展開していますので、そんなお子様たちのハミガキ粉デビューにうってつけです。☆

スタンダードは他の味の展開はございませんが、ジェルはミント、グレープ、ピーチ、バナナと種類がございます。(ジェルもお子様に使っていただけます。)

子ども用チェックアップ、ミント味以外のチェックアップはこちらで取り寄せになる場合がございますので、気になる方はどうぞお気軽にスタッフにお尋ねくださいね。(^^)

 

むし歯予防のためだけでなく

インプラントの方へ向けたハミガキ粉、知覚過敏の方へ向けたもの、歯の着色が気になる方へ向けたもの、ドライマウスの方へ向けたもの……などなど、患者様一人一人の口腔内の状況に合わせた、それぞれ違う用途に特化したハミガキ粉などもございます。

ハミガキはご自身の出来る一番のむし歯予防方法です。当院では治療だけでなく予防や治療したむし歯の再発を防ぐため歯科衛生士によるブラッシング指導を徹底しております。

検診で正しいブラッシングのしかたを身につけた後はハミガキ粉にもこだわってみてはいかがでしょうか。

他のハミガキ粉も気になるよー!って方はご来院の際スタッフにお気軽にお尋ねください。☆

 

ではでは。寒くなってきましたので皆さま暖かい格好をしてご自愛くださいね。(^ ^)